コーヒー豆のサブスク PostCoffee

Coffee
ads...

昨今様々なサブスクリプションが始まっていますね。
欲しい量やサービスを選べて、商品によってはポスト投函なので対面で受け取る手間もない。
試してみたかったものも前よりずっと気軽に始めることができるようになりました。

そしてしばらく前にコーヒー豆のサブスクも始まりました。
その時は何かぐっとこなくて始めなかったのですが、最近なんだか良くなっている!

ということで、様々あるコーヒーのサブスクの中でまずPostCoffeeを申し込んでみました。

ads...

PostCoffeeの魅力

新鮮なコーヒーを新鮮なうちに

PostCoffeeでは焙煎したばかりのピキピキしているコーヒーが届きました。
香りも若くて素敵でした。焙煎したてのコーヒーを素早く届けてくれるのがまず大きな魅力です。
蒸らしのお湯を注いで膨らんでいくコーヒーを見ると顔が綻んでしまうのは私だけではないはず。

私の場合、連休が間にあったので注文して3日後に発送されました。
もしかしたら平日に頼めばもう少し早いのではないかなと思いますので、もし注文するときはカレンダーを気にしてみるといいかもしれません。

コーヒー診断が素晴らしい

コーヒーとひとことに言っても、いろいろな味がありますね。
私は漠然と深煎りやアジアの豆が好きかもしれないなぁと思っていましたが、どこの国のどの農園が好き、といったはっきりした知識はありませんでした。

カフェで働いていた時はシーズナルの豆でシングルオリジンを試飲したり購入することもありましたが、私のシングルオリジンのイメージは拳で頬を思いっきり殴られるようなストレート感を感じることが多く、購入する時はほとんどブレンドです。

でもたまに冒険もしたくなります。
いつもとは違う豆を買って「ふむふむ…」などと囁きながらコーヒーを楽しむ日もあります。何に納得しているのかは自分が一番分かっていないけれど、そんなふうに飲むコーヒーっていいじゃないですか。
探すのは時間がかかるけど、封を切って香りを楽しみながら入れる1杯は楽しいものです。

しかし、子供もいると買い物もままならず、知らない間にコーヒーがもうない、注文しないとと思ってから豆を探しているといつまで経ってもコーヒーが飲めない日々。
そんな日々にモヤっとしていたところに思い出したPostCoffee。

私の診断結果は

深煎り多め、たまに中煎りも飲む
DARK LOVER

コーヒー3種。ダークローストが好みだけど、冒険もしたいあなたに。
ビターなコーヒーをメインにお届け。時々、バリスタおすすめも。

まさにその通り。
いくつかの質問に答えるだけで診断してくれて、そのまま注文することができます。
もし、ちょっと違うなと思っても再診断できますし、案外飲んでみたら好きだったということもあるようなので最初は診断通りに頼んでもいいかもしれません。

カスタマイズ

シンプルなのにゴージャスな香りを纏った箱で届きます

デフォルトで選択されているのは月1回の9杯分。
ハンドドリップで抽出するようの挽いた豆を届けてくれる設定になっています。
もちろん豆のままやエアロプレス用、コーヒーマシン用など様々対応しています。

まずは試したいと思ったのでそのままの設定にしていますが、驚いたのは砂糖とミルク、フィルターまで一緒に頼めること。
私はブラックで飲むことが多いのでつけませんでしたが、それぞれ+50円でつけることができるので、別で買いに行く手間がありません。
フィルターに関しては円錐型のフィルターが無料でつけられます。

もうひとつ驚いたのはデカフェが選べること。
デカフェとはカフェインがほとんどないのにしっかりとコーヒーの味わいを楽しめるので、妊婦さんや寝る前にも飲みたい人にはおすすめです。

ちなみに左下の「安定タイプ」は好きなタイプだけ届いて欲しい人です。
「冒険タイプ」というものもあり、そちらは好きなものを中心に全く違うフレーバーも届くことがあるタイプです。これは診断でも聞かれるのでそれがそのまま反映されています。

はじめまして

何が入っているかわからないという、一種のプレゼント感に高揚しながら蓋を開けます。
パッケージには豆の名前だけでなくフレーバーノート、品種、精製方法、地域、標高、農園・農家、焙煎日があるというのもにやけポイント。
実際に精製方法の味の違いなどは飲んでみる方がよほど勉強になるのでそういったところまで見やすい場所に買いてくれているパッケージはいいです。

「Brazil Serra do Bone」を開封して飲んでみました。
実のところブラジルはそんなに得意ではないイメージを持っていたのですが、フルーティーでキャラメル感があるのにボディはしっかりしていて好みの味でした。
自分で選んで買う場合は選ばないチョイスだったので、飲み込んだ後の鼻に抜けるブラジルらしい香りを久しぶりに感じて、あぁ、頼んでよかったなと思いました。

まとめ

コーヒーを選ぶ、買うという手間を省いてくれるのに好みに合わせて新鮮なものを届けてくれるというのはやはり便利ですし、いつも買うものではないコーヒーとの出逢いを楽しむことができるのも魅力だと思いました。
私はしばらく続けてみたいと思います。
とはいえ、9杯では心許ないのでもうひとつUCCのサブスクも検討しています。
そちらはまた次の機会に。

Coffee
ads...
ads...
ads...
Theatricalta

コメント