久しぶりに胸がえぐられるキモチイイ漫画「凪のお暇」

未分類
...Advertisement

ちょっと出先で時間を潰さなきゃいけなくて、
どうしても気になっていた漫画を一気読みしました。

そんなに漫画をたくさん読んだりしないけど、
これは出会えてよかったので紹介します。

...Advertisement

凪のお暇

凪のお暇
コナリミサト

人生リセットなんて簡単にできることじゃないって
大人になるほど身に沁みる。
でもこんなふうにリセットしたらっていう想像だけで
こんなに胸がワクワクできる大人になれてよかった。

ざくっとストーリー

超絶くせ毛を毎日アイロンでサラサラストレートにして、
職場では同僚に合わせて空気を読みまくっていた主人公の凪。
仕事を押し付けられても断れないから全部やってあげたりしちゃうタイプ。

仕事できまくりイケメン営業マンの慎二が
サラサラヘアー大好きなことから
凪と付き合うようになるけど、
ここでも空気読んでいい女でいようとする凪。

ある日、そんな慎二の一言で過呼吸になり、
会社も何もかも捨てて人生リセットするところから話は始まります。

家具もないボロアパートで
料理の腕と節約術を駆使しながら暮らす。

貯金や失業保険で生活するリアルな日常
個性的な住人たちに刺激されて開ける非日常を過ごして、

新たな自分、わかっていなかった自分の弱い所
汚い所と向き合っていく、凪の人生のお暇。

苦しくなるのわかってるのにまた本を開いてしまう

女子なら絶対「あるある」な厳しい世界で挫折して、
ちょっとお暇している間の出来事なんですよね。

憧れとかワクワクとか、すごく心が揺れ動きました。
私の好きな漫画(ハチクロ)でもそうだけど、
やっぱり自転車で旅に出るのいいよなぁって思います。

凪のお暇にもそんな場面があるんですけど、
その場所に行かなくても映像や雰囲気は知ってるって言えるけど、
自分の足でそこに立ったかどうかって全然違うって。

私はあまり旅行に行かないけど、唯一行った黒部ダムは
写真で見るのと同じでした。
でも、その写真と同じところにたどり着くまでの道のりやら
結構きつい階段の数とか、そういうのは自分で体験したら
見え方が違いました。

…と思ったところでなかなか行動できない人間です。
結局それからどこにも行ってないですが、
改めて言われて、知らないところに行きたくなりました。
そういう場所や人を開拓する心のざわめきも刺激されます。

恋愛だけでも胸が締め付けられるのに
人生の生きにくさとか、凪が励まされると
読んでる方まで楽になったりする言葉もたくさんあって、
心の揺れ動きがすごい漫画でした。

 

コメント