乳幼児突然死症候群(SIDS)に怯えながらも冬を越えた

妊娠・出産
...Advertisement

娘が生まれる前から気になっていたというか、怯えていました。
乳幼児突然死症候群(SIDS)
はっきりした予防策なども立てにくく、
わかりにくいことばかりなので自分用にまとめてみました。

これから出産される方に見ていただけたら嬉しいです。

...Advertisement

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは

乳幼児突然死症候群は生まれつきの障害もなく、何の予兆もなく睡眠中に死に至ることを言います。
布が鼻に被ってしまったりといった窒息はこれに含まれません。

どのくらい起こっているのかは政府広報オンラインを引用すると、

  • 日本でのSIDSの発生数は減少傾向にあるものの、平成27年を除けば
    毎年100人を超える赤ちゃんがSIDSによって亡くなっています。
  • 平成28年(2016年)は109人が亡くなっており、
    1歳未満の赤ちゃんの死亡原因としては依然第3位となっています。
  • 発症するのは、生後2か月から6か月の赤ちゃんに多く、
    まれに1歳以上でも発症することがあります。
    寒い時期に多くが発生しています。

引用 政府広報オンライン

結構な数です。
特に気になったのは、発症する年齢です。

uino
uino

生後2ヶ月から6ヶ月の赤ちゃん!

と言うことでお嬢を出産してから一番怯えていたのはこれでした。

予防法とまでは言えないが

乳幼児突然死症候群ははっきりとした原因がわかっていません。
ですが、発症した状況などから、なるべくしないほうがいい事があります。

  • うつぶせ寝にしない
  • なるべく母乳で育てる
  • タバコはダメ

うつぶせ寝にしないのは、もともと窒息の危険を避けるためにも言われています。

乳幼児突然死症候群は仰向けでもうつ伏せでも発生しているようですが、
他の危険性も回避できるので赤ちゃんは顔が見えるように寝かせるのがいいです。
首を自分の意思で動かせれば簡単ですが、赤ちゃんはそうもいかないようです。

タバコがダメなのは言わずもがなといいますか…

uino
uino

uinoは喫煙者でしたが、
妊娠がわかってきっぱりやめられました。

そして、自分が喫煙者だったから余計なんですが、
気を使ってくれない喫煙者に憎しみを覚えてしまいます。笑

本人の意思で楽しむのはいいかと思っていますが、
それは周りにとっては害しかないということは考えて煙を吐いて欲しいと思います。

母乳と粉ミルク

母乳で育てたほうが免疫力がつくとか、赤ちゃんにはそっちの方がいい
周りの人たちからよく言われました。
確かに免疫力はミルクよりもつくみたいです。

まず、初乳はあげたほうがいいと言われています。
出産後10日以内に出てくる母乳は初乳と言われて、
赤ちゃんにとってすごくいいものがたくさん入っています。

uino
uino

そんなにいいものだから
助産婦さんたちにあんなに乳ぎゅーぎゅーされたのか…

本気で痛かった。
あんまり出なくて、でも何度もお嬢が吸ってるうちに製造量が増えました。

そんなことより、何より経済的で楽なのが母乳だと実感しました。
ですが、いざという時にミルクにも慣れていれば
預けたりすることもできるので安心です。

私は混合ですので、そこまで母乳がピュー!っと出たりはしないですが
お嬢の体重も順調に増えているのでまぁいいかと気楽に与えています。

実際に混合で育児していて思うメリット、デメリット。

  • 母乳は出かけるときにミルクセットがいらないから楽。
    →粉ミルク、哺乳瓶、調乳用のお湯、湯冷ましの水 これが結構重いし幅とります。
  • でもミルクでいつでも対応できると思うと授乳室などを探さずに落ち着いていられる。
  • 粉ミルクって結構お高い。
    栄養満点だし安全に作ってくれているので文句はありませんが、
    母乳ならなくてもいいのかぁと思うところです。
  • 夜泣きは母乳の方が絶対に楽。
  • ちょっと出かけるからと預けて1人で用事を済ませに行ける。

母乳だけだとどのくらい飲めているかわからないけど、
粉ミルクで飲み終わった後に足りないって泣くのをみると、
成長したなぁとしみじみ思ったりするのも混合の楽しいところです。

乳幼児突然死症候群の原因と予想される要因

色々調べていた時に、乳幼児突然死症候群の原因をみかけました。

正式に書かれていないので確定的なものではないでしょうが、
厚着させすぎているのが原因ではないかとのことです。
寒い時期に多いという情報とマッチしているので
確かにそうなのかもしれません。

赤ちゃんは体温調節がうまくできません。
特に手足が冷たくなってしまうことはよくありますが、
助産師さんには、お腹や胴体の部分が冷たくなければそこまで焦らなくていいと言われました。

もちろん、暖かい方が赤ちゃんも気持ちいでしょう。
でも寝ている赤ちゃんに靴下を履かせるのは体温調節しにくくなるので
あまりおすすめされていなかったりして、温めるのが大変です。

uinoの実家は雪も積もる寒い地域ですし、家の中の暖房もストーブとこたつだけなので寒いです。
冬生まれのお嬢は、過酷な環境だけど毛布を蹴飛ばして元気に春を迎えました。

でもuinoの母は

お嬢がかわいそう!寒そう!

と言ってブランケットをミルクレープのごとく重ねていきました。

確かに愛情の分だけ重ねたくなるのですが、乳幼児突然死症候群になるのは
暑くさせすぎという要因も考えらるということを頭に置いて欲しいと思います。

まとめ

寒い時期に氷のような手足になる新生児ちゃんを思うとつい厚着させたりしてしまいますが、
なるべく快適な室温にした上で重ね着などをさせすぎないようにしましょう。

その上でうつ伏せにしない、母乳を与えてタバコはやめるという三原則を守って
1歳まで気を抜かずに観察していきたいですね。

きっと1歳になる頃にはもっと他の危険がいっぱいでしょうけど…

コメント