母乳育児のママは水分補給を怠ってはいけない、マジで

育児
ads...

子供が生まれて、助産師さんにおっぱいをぎゅーぎゅーされて
うめき声をあげながら幸せそうに乳を飲む我が子をみる入院生活が終わり、
バタバタと日々が過ぎて2週間ほどした頃。

私のお尻は ブチ切れました。

以下、少し下ネタになります

乳首が痛くて、割れたりしたら困るなぁなんて思いながら、
天使のような我が子(吸引力は悪魔)のほっぺがフニフニするのを眺めながら
幸せな授乳時間を過ごしていました。

しかし、心配事は乳首だけではなかったのです。

母乳で水分を持っていかれたせいか、便が最高に固くなっていました。
出さないわけにもいかないと頑張ったせいでお尻が切れて、
痛くて痛くて座っているのも辛いくらいになってきました。

そうなってくると、次の便も出すのが辛くて出てこなくなります。

便腸にいる時間が長くなるとさらに便の水分は持っていかれるそうです。

まさに負のスパイラル

今まで快便だったのに、母乳をあげ始めたら急に便秘気味になりました。
調べてみたら同じようなママの書き込みがわんさか。でも、実際なってみないと調べないじゃないですか。
切れ痔になってからその情報を知っても遅いよ!!
ということで、少しでも広まって欲しい情報としてここにも記録しておきます。
塗り始めてあっという間に痛みがひいた
CMは誇大広告でもなんでもなかった素晴らしい薬
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第2類医薬品】 ボラギノールA軟膏 20g(チューブ入) メール便送料無料
価格:1256円(税込、送料別) (2019/2/13時点)

楽天で購入

 

妊婦の時、赤ちゃんの分の栄養と血を作らなきゃいけないと
葉酸のサプリメントを摂取したり食べ物のバランスを気をつけたり
今までの生活がいかに不摂生だったかを思い知らされていました。

しかし、出産してからもそれ以上に気を使う結果になります。
妊娠中以上に水分は必要になります。

*母乳育児のママは1日3リットルの水分補給
*葉酸・鉄分・カルシウムなどは引き続き意識して摂取
*カフェイン、アルコールは避ける
*タバコは乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症率が上がってしまいますので
 副流煙にも注意

母乳も結局は血ですから、鉄分やその他の栄養に気を使わなければ

なんとなく製造量が少ないかも

赤ちゃんが満足してくれなくて泣いちゃう

と毎日ハラハラすることになります。
そうならないためにも妊娠中にも気をつけていたことを継続して、

さらに水分は十分すぎるくらい摂取しましょう!

育児
ads...
ads...
ads...
Theatricalta

コメント