ドリッパーを買ったおはなし

Coffee
ads...

先日、PostCoffeeを始めたことでまたコーヒー熱が上がってきたのでドリッパーを新調することにしました。
本当はマグカップも新しいものが欲しいのだけどなかなか踏み切れずに、何年前かわからない昔に買ったカルディのマグカップかステンレスボトルを使い回しているのでそちらもなんとかしたいのですが、今回はどうしてもブルーボトルコーヒーが販売しているオリジナルのドリッパーに惚れてしまったので先に購入しました。
急いだ理由は、今年はホリデー限定モデルのドリッパーがあったことも大きな理由です。

ads...

ドリッパーに違いなんてあるのか

ひとことにドリッパーと言っても様々な種類があります。
形、素材、ペーパーを使用するかしないか、穴はいくつあるのか、穴の位置は…
確かに同じ豆をドリップしても違う味になりますし重要なファクターではありますが、楽して美味しいコーヒーが飲みたいというひとことに尽きる私は極力ひとつ穴を選びたいと思っています。

今回、私が購入したのはブルーボトルコーヒーのドリッパーもひとつ穴です。
難しいことはわかりませんが、ひとつ穴の方が抽出される速度が一定になることで安定した味わいになりやすい感じです。
穴が3つあるタイプしか知らなかった時は衝撃を受けました。
逆に言えば、豆に合わせた抽出速度にする技術があれば3つ穴や円錐型の方がいいのかなと思っています。豆本来の味わいをしっかり楽しめる、油分も含めて抽出できるメタルフィルターやフレンチプレスなどがあっている人もいるでしょう。

詳しいことはカリタやメリタといったコーヒー器具のブランドサイトを覗いてみると色々なものがあります。
あとは、今はこんなご時世なのでどのくらい開催しているかわかりませんが、タリーズコーヒーなどではコーヒー教室も行っているので、バリスタの説明を聞きながら美味しいコーヒーとお菓子などを楽しむことなんかもできます。

私はメリタ式のアロマフィルターが大好きです。
お湯は一気に注ぐだけなのにちゃんと美味しいコーヒーが淹れられます。

衝動買いという魔力

急に陶器でできているドリッパーが欲しくなりました。
大好きなアロマフィルターは陶器のものはありませんでしたので、メリタの陶器フィルターを買おうかと悩んでいたところ、ふと見つけたこの画像。

引用:ブルーボトルコーヒー公式サイト

真っ直ぐに落ちていく琥珀色の液体。美しい。

ウェーブフィルターも使ってみたかったのでもうこれは買うしかないと決意しました。

美しい白

ホリデー限定のデザイン
後ろ側は朱色のアクセントがあります。

同じホリデーデザインのマグカップとラインがつながるようになっているという話です。
なぜ一緒に購入しなかったかというと、清澄マグの方(台形の方)が欲しかったので今回は見合わせました。

竹パルプ配合のフィルター

ペーパーフィルターはリンスと言って抽出する前にお湯をかけて余分な匂いなどを流したりしますが、こちらはそれが不要です。
もちろん、他社のウェーブフィルターでも使用可能です。

抽出してみて

「ブルーボトルコーヒー ボールド ブレンド」を一緒に購入したので抽出してみました。
これまでV60の円錐ドリッパーを使用していましたがどうもせっかちなので少し淡白な感じになってしまったのですが、こちらで淹れて最初に飲んだ時に感じたしっかりしたボディはとても良かったです。
もちろん香りもしっかりと感じられるので、私のような雑人間でもちゃんと美味しいコーヒーがいれられました。

あと、何より美しいです。
白がとても美しく、晴れた冬の日の眩しい日差しに映えます。
そして抽出後にはまた美しい琥珀色のコーヒー。
もう完全に自己満足の世界ですが、せっかくなら好きなものに囲まれようという気持ちで美味しいコーヒーライフを満喫することにします。

Coffee
ads...
ads...
ads...
Theatricalta

コメント