迷っているなら電気圧力鍋は買い

育児
ads...

手のこんだ料理もお任せで完成すると噂の電気圧力鍋。
売り切れも続出していたととても話題になり、家で過ごす時間も増えたので今でも大人気のようです。
私はあまり興味がなくてガス用の圧力鍋を買おうと思っていたくらいなのですが、土鍋でご飯を炊くようになってからコンロが足りないなと思っていたので、じゃあ電気の方がいいのではないかと思いほぼ衝動買いに近いかたちで購入しました。

ads...

アイリスオーヤマの電気圧力鍋

電気圧力鍋 2.2L ブラック KPC-MA2-B(アイリスオーヤマ)

設置したところ。
今回購入したのはアイリスオーヤマの電気圧力鍋(2.2リットル)なので小家族向けで、ご飯は3合炊くことができます。
ただの鍋かと思うような佇まいで、容量に対してサイズ感が大きい気もするのですが、それをもってしてもあまりあるパフォーマンスの高さが魅力です。

できることが多い

私は土鍋でご飯を炊くのでこちらを使うのはおかず作りや煮込み料理目的でしたが、当たり前のことながら炊飯器ができそうなことはとりあえず備えています。

圧力鍋を使いたいときは主にカレーや角煮などの、具材が柔らかくなって欲しいときですが、蒸し料理や低温調理もできるので、これまで鍋で地道に作っていた温泉卵サラダチキンがほったらかしで温度加減してくれそうです。プリンも簡単に作れそう。

他の電気圧力鍋にない魅力のひとつは、この圧力鍋が卓上でも楽しむこともできるデザインになっているところです。
他の電気圧力鍋より少し背が低いので、鍋料理などをとりわけしやすい設計です。
鍋モードという蓋をしないでそのまま煮込むモードが用意されていて火加減も5段階あり、ちゃんこ鍋やチゲ鍋だけでなくチーズフォンデュもできるとのこと。
チーズ大好きな子供といつか一緒に食べたい。
そんな淡い夢を抱きながらこの機種にすると決めました。
実際にチーズフォンデュパーティが開催されるかは微妙なところではありますが、いつでもできる心のゆとりが最高です。

実際に使う

圧がかかってピンが上がるところ。
買って初日だったのでハイになっており、こんなところも撮影しました。

試運転にゆでたまごを作ってみたのですが、少しの水で加圧時間1分(調理開始から完成まで全部の時間は10分くらいかかります)でちょい半熟という絶妙なゆでたまごが出来ました。
お湯で茹でると10分くらいの出来かと思いますが、沸騰を待つ分が少し短縮できている感覚でした。お湯から作るより殻がするする剥けます。

え、なにこの撮影モード

その後カレーを作りました。
ルーをわけたかったので野菜とお肉だけをこの電気圧力鍋で煮ましたが、これまで使用していたガス用の圧力鍋よりも野菜の形がちゃんとしている感じでした。
柔らかいのに煮崩れていないで、お肉もちょうどいい塩梅でした。
家族にも好評で、次はチャーシューをリクエストされました。

気を取り直してもう一度撮影したのにボケまくってしまいました。

カレーの量としては大人が4人いたらちょっと足りないかもしれない感じがしました。
計算する目安としては人数+1リットルが理想だそうです。
でも具材はこれで煮込んで水を足して別の鍋でルーを溶かしてもいいと思いますし、設置場所にゆとりがなければこちらでも使えると思います。
中の鍋部分は店頭で見た時、

  1. 2.2リットル普通の3合炊きの炊飯器
  2. 4リットルは底が広くなっていて深めの鍋のようなフライパン

という印象でした。
現物を見てもサイズはかなり悩みました。
デザインや性能は全く同じでサイズだけ違いますが値段は4000円くらい高いくらいの印象です。大は小を兼ねるということもあるので4リットルという選択もありです。
ただ、通販の画像などでは感じにくいですが4リットルの大きさは結構迫力がありますので、できるなら一度は実物を見て置き場所と相談することをおすすめします。

uino

いやあ、買ってよかった。

育児雑貨
ads...
ads...
ads...
Theatricalta

コメント